一般証券とネット証券の違い

一般証券とネット証券の違いは、ネットを中心としてサービスを提供しているのかどうかです。
古くかあるタイプの一般的な証券会社の場合、店舗があり、営業マンがたくさんいるという特徴があります。
これに対して、ネット証券では店舗を持たないか、あるいは持っていたとしてもごく限られていて、営業マンはほとんどいないというのが普通です。
そのために、営業するためのコストは非常に低いと言えるでしょう。
コストが低いために、サービスを提供するための料金も安く、例えば売買にかかる手数料は圧倒的に安いという特徴があります。
比較してみればその違いはよくわかるはずです。
そう考えれば、ネット証券を利用しない手はないと思うのは自然なことです。
しかし、メリットばかりがあるわけではありません。
まず、店舗がないことから担当者と接する機会はまずありません。
電話で質問できることもありますが、オペレーターがマニュアル通りに答えるだけで、投資に関して何らかの情報を得られると期待するべきではありません。
一般証券の場合、担当者がつくのが一般的です。
担当者とのコミュニケーションの中で新しい情報を得られることもあります。
インターネットが普及している現在では、なにか知りたいことがあればすぐに知ることができますが、自ら検索をしていると、限られた情報しか入手できなくなってしまう恐れがあります。
担当者とコミュニケーションを取っていれば、自分では探そうとも負わなかった情報に出会うことができる場合もあります。
これが相場のヒントとなって、なにか新しい戦略が生まれる可能性もあります。
結論的に言えば、違いはいろいろありますが、どちらかが一方的に優れているというわけではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました