• ホーム
  • 中古ドメインの利用に必要になる301リダイレクトとは?

中古ドメインの利用に必要になる301リダイレクトとは?

301リダイレクトと言われても、どのようなものかイメージがわからないという方もいるでしょう。
初めて中古ドメインを購入しようという方には、聞きなれない言葉ばかりで戸惑うこともあるかもしれません。
ですが1つずつの言葉を理解していくことが、SEO対策のためには必要です。
単語の意味を理解しないと、良い形でSEO効果が期待できなくなります。
1つずつ確認していって、サイトを育っていけるようにしましょう。

簡単に言うと301リダイレクトとは、URLの変更の際に用いられる転送コードです。
ドメインだけ別の人が使うことになるとき、301リダイレクトを利用しないとバックリンクのデータが失われてしまいます。
バックリンクのデータをそのままにしてサイトを運営するためにも、301リダイレクトは大切な存在だという点を押さえておきましょう。

さらにSEO効果を期待するなら、サブドメインとサブディレクトリをどのように使い分けるかもポイントの1つです。
サブドメインとサブディレクトリの使い方に応じて、サイトへのアクセス数にも影響が出てきます。
自分がどのようなサイトを作っていきたいのか総合的に考えたうえで、どのような対策が必要になるのか決めることが大切です。

例えばサブドメインとサブディレクトリの使い方として、主要ページなのかそれとも関連するところなのかという点に注目するのも1つの手です。
メインとなる主要ページと関連分野を分けることで、見やすくわかりやすいサイト作りが可能です。
自分が目指すサイトの方向性を整理したうえで、より良い形を考えていくことを忘れないようにしましょう。

中古ドメインを活かすためには、どのようなインデックス履歴なのかというのもポイントの1つです。
インデックス履歴に応じて、最初にSEO対策で優位に立てるのかなどの点に違いが出てきます。
もちろんインデックス履歴だけではなく、その後のサイト運営がSEO効果に影響することも忘れてはいけません。
中古ドメインは、あくまで最初の一歩を優位に進めるものです。
その後の一歩というのは、自分の努力次第で大きく変わっていきます。

初めての中古ドメインの利用だと、どのような点に気をつけたらいいのか戸惑ってしまう方も多くいます。
わからないことがあったらその都度確認していくことで、自分に必要な情報を見つけることにもつながります。
疑問点を放置すると、その後のSEO効果に影響するかもしれないのでわからないことは早めに確認しましょう。