• ホーム
  • 中古ドメインの注意点を把握することが大切!

中古ドメインの注意点を把握することが大切!

サイト運営を考える場合、多くの方が通る道がドメイン取得です。
無料ブログを利用するなどの条件ではない限り、ほとんどの方がドメイン取得を行います。
ここで問題になるのが、新規のものにするのか中古ドメインのほうがいいのかという点です。
例えばドメインを中古で選ぶ場合、SEO対策に有利などのメリットがあげられます。
その一方で注意点も存在しているので、どのような点に気をつけたらいいのかあらかじめ把握しておくようにしましょう。

中古ドメインを購入する場合の注意点の1つが、インデックス履歴がどのようになってるいるのかという点です。
もしもインデックス履歴に問題があるようだと、今後のサイト運営でスパムなどの問題が出てくるかもしれません。
良い形で運用するためにも、必ずインデックス履歴を確認しましょう。

また安心して利用するために、使用期間のチェックも大切です。
使用期間というのは、長ければOKというものではありませんが1つの参考にできます。
例えば使用期間が長くて信頼のあるドメインだと、クローラーにチェックされやすくなります。
クローラーにチェックされるドメインだと、検索エンジンの結果に表示されやすいのです。

すでに手持ちのドメインがある場合には、パーキングの仕組みを利用して稼ぐことも可能です。
持っているだけで公開せず使っていないという場合であれば、ドメインパーキングの仕組みでお金に変えることも検討するようにしましょう。
このようなドメインパーキングで手放されたものが、中古ドメインとして人々が利用できるようになります。

実際に中古ドメインを使ってサイトを運用するときには、記事などを公開する前に調査すべき点も存在しています。
調査すべきポイントというのは、履歴に問題がないかという点で、自分の目で確認する必要があります。
売りに出されている中古ドメインは、基本的に販売業者の目で問題がないか確認されています。
しかし見落としの可能性もあるので、自分で調べて問題がないか確認してから購入することが大切です。

また中古ドメインを購入する場合、値段だけで選んでしまう方も多くいます。
しかし値段だけで判断すると後悔するリスクも高いので、被リンク数やインデックス履歴など幅広くチェックするようにしましょう。
さまざまな視点で確認して選ぶことで、納得したうえでより良いSEO対策を行うことにつながります。
自分の目的に合った中古ドメインを選択することも大切です。